メニュー

画像検査について

  1. ホーム >
  2. 検査を希望される方へ >
  3. 画像検査について

AIC八重洲クリニックは、画像検査の品質向上のために高性能の検査機器を導入しています。 また、見逃し防止を推進する為、AIによる画像診断支援ソフトウェアの導入を進めています。第1弾として肺CT領域に導入しており、今後も各部位にAI による診断支援領域を広げていく予定です。

(1)保有機器

①MRI 多くの部位で診断能が1.5T-MRIより高い3テスラMRIを積極的に導入しています。
MRI稼働台数9台(うち3テスラは7台)です。 (2019年現在)

MRI フィリップス社製
3テスラ
6台
MRI シーメンス社製
3テスラ 1台
MRI フィリップス社製
1.5テスラ 2台

②CT 高精細CTでは、これまで検出不能だった細かな生体情報を得られます。
320列CT(低被ばくソフトウェア搭載)により被ばく量は最大1/15になりました。

CT キヤノン社製
320列 CT 1台
CT キヤノン社製
高精細 CT 1台

③超音波(エコー) 超音波を対象物に当て、その反響を映像化する画像検査機器です。

エコー検査機器
エコー検査機器
エコー検査機器
キヤノン社製 4台

④マンモグラフィ 乳房専用のX線撮影装置、つまりレントゲン検査を行う検査機器です。

マンモグラフィ機器 キヤノン社製 1台

1. 当院の検査についての特徴

病気を発見するために行う画像検査は、病気を見逃さないことが最重要課題です。 その為には以下の要素が必要になります。

(1)当院医師は得意な部位を優先して画像診断を行っています

画像診断を行う医師は1日約20検査の画像診断を行います。 1日に20検査の医療機関では、画像診断を行う医師は1日1人体制であり、あらゆる部位を1人で画像診断せざるを得ません。
当院は1日の総検査数が約330です。 1日平均15人の医師が画像診断を行いますので、各医師が得意な部位を優先して画像診断することが可能となってきています。

(2)経験値の高い撮影技師が検査を担当しています

撮影技師の技術を向上させるためには、同じ部位の検査を多く行い短期間で多くの症例を経験することが大事です。
MRI 1台で1日に出来る検査数は15検査程度(当院は9時~21時の為、24検査)です。 MRIによる頭部検査は全体の40%~50%ですが、MRIが1台の医療機関では1日5検査から7検査しか頭部検査が行えません。

当院はMRI 検査が1日に約200ありますので、頭部検査は1日80~100検査、 他の医療機関で1年で経験出来る症例を当院では約2週間で習得します。

AIC八重洲クリニック

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。
103-0027 東京都中央区日本橋2-1-18 AIC八重洲クリニックビル
医療法人社団豊智会 AIC八重洲クリニック
フリーダイヤル 0120-786-055