高精細CTの得意な検査について

メニュー

高精細CTの得意な検査について

  1. ホーム >
  2. 医師の皆様へ >
  3. 当院の画像検査機器 >
  4. 高精細CTの得意な検査について

高精細CT

当院では、高精細160列マルチスライスCTを1台導入しています。
従来CTが0.5㎜×0.5㎜の解像度で画像を構成していたのに対し、高精細CTでは0.25㎜×0.25㎜の解像度で画像を構成します。
その結果、以下のような微細な画像を求められる局面でうまく活用されています。

活用例1 膵臓精査

膵臓精査 CTでの腹部領域検査については、高精細CTで検査を行っています。 特に膵臓では、膵臓がん危険因子の探索に高精細CTが活躍しています。

ステントの内腔 心臓ステント挿入後の内腔評価、従来はCTでは見えない領域でした。 高精細CTではこのステントの内腔をかなりの狭いものまで描出することが可能となっています。

活用例3 内耳の骨の評価

内耳の骨 内耳の骨は微細なものが多く、CTでの評価は限界がありました。 高精細CTでは、ツチ骨、キヌタ骨だけではく、アブミ骨の描出まで可能となっています 。

活用例4 肺の評価

肺 肺病変は従来型CTでスライス厚を薄くすることで病変の見落としが少なくなっていますが、高精細CTを利用することにより、病変画像がより見やすく、評価しやすくなりました。

AIC八重洲クリニック

ご不明な点などございましたら、下記までお問い合わせください。
103-0027 東京都中央区日本橋2-1-18
医療法人社団豊智会 AIC八重洲クリニック
医療連携課
TEL 03-6202-3370