乳がん検査・診断の取り組み

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > MRI検査による病気の早期発見・診断 > 乳がん検査・検診・診断の取り組み
MRI検査による病気の早期発見・診断

乳がん検査・検診・診断の取り組み

行政やピンクリボン運動など乳がん早期発見の啓蒙活動により、乳がん検診として、マンモグラフィ検査やエコー(超音波)検査を受ける方は、日本でも徐々に増加しています。

乳がん診療においてはマンモグラフィや超音波よりも精度が高い「乳房MRI」が有用と考えられています。著名な医学雑誌 Lancetに掲載された2007年の論文では、早期の乳がん(非浸潤癌)の検出率はマンモグラフィで56%、乳房MRI検査で92%と報告されています。(Kuhl CK,et al:Lancet,2007)
既に高い受診率の検診先進国では、MRIによる乳房検査の有用性が広く認知され、乳腺疾患の診断に用いられているのが現状です。それを受けて、日本の乳がんに関するガイドラインにおいても、乳房MRI検査のエビデンスレベルがあがりました。

しかし、日本ではMRIによる乳房MRI検査を実施している医療機関は少なく、また、その画像を読影する専門の放射線科専門医も不足しているのが現状です。
そこで当クリニックでは、乳腺専門の放射線科専門医による画像診断チームを構成しました。

最新型の3.0テスラMRIを用い、乳腺領域を専門とする画像診断チームにより乳腺疾患の診断を強化いたします。

  • 乳腺外来 東京

目次:乳がん検査・検診・診断の取り組み

乳がんの基礎知識
1.乳がんとは
2.日本人の乳がん
3.乳がんの進行度と予後
4.乳がんによる死亡者数
乳がんの発見・診断
1.乳がん検査と種類
2.乳がんを早期発見するためには
3.乳がんであると確定的に診断をする方法
4.乳がんがあると確定した後の検査
乳がん検診
1.乳がん検診の内容
2.乳がん検診の施設ごとの比較
3.マンモグラフィ検査実施医療機関
乳房MRI検査
1.乳房MRI検査とは
2.日本での乳房MRI検査の位置付け
3.日本の乳房MRIの検査状況
4.乳房MRI検査 当クリニックの取り組み
5.乳房MRI検査をお考えの方へ