臨床研究の実施方法

  1. MRIによる膵臓ドック(膵臓がんドック) 膵臓がん、肝臓がん、胆のう・胆管がんドック特別価格16,500円(通常価格29,700円)を受診する際に、以下の補助を行います。
      1. 50歳~69歳の方
        1. 酒多飲:1日平均ビール900ml以上、ワイン3杯以上
          肥満:BMI30以上、内臓脂肪100㎠以上 (注)BMI=体重(Kg)÷身長(m)の2乗
          喫煙:喫煙期間の喫煙本数平均が1日10本以上
          膵臓がん等の家族歴
        2. 2親等以内の方が膵臓がん等(膵臓がん、乳がん・卵巣がん、メラノーマ(皮膚がん)、遺伝性膵炎、胃がん・小腸がん・結腸がんに)に罹患している方

      2. 1項目該当…3,000円補助
        MRIによる膵臓ドック(膵臓がんドック)
        13,200円
        2項目以上該当…6,000円補助
        MRIによる膵臓ドック(膵臓がんドック)
        9,900円
      1. 49歳までの方
        1. ご家族が以下のがん等に罹患した方を「膵臓がん等の家族歴のある方」と定義しています。
          1. 膵臓がん
          2. 乳がん・卵巣がん
          より具体的にはBRCA2の遺伝(不明の方は乳がんまたは卵巣がんだけ可)
          3. メラノーマ(皮膚がん)
          より具体的にはP16の遺伝(不明の方は皮膚がんだけで可)
          4. 膵炎
          より具体的には遺伝性膵炎(Familial Pancreatitis)の遺伝(不明の方は膵炎だけで可)
          5. 胃がん、小腸がん、結腸がん
          より具体的にはポイツ・ジェガース腺腫性症候群(Peutz-Jegher's Syndrome)遺伝(不明の場合には胃がん、小腸がん、結腸がんで可)
      2. ・6,000円補助
        MRIによる膵臓ドック(膵臓がんドック)
        9,900円
        ・本臨床研究による検査で膵臓がんであることが分かった場合には、治療費として最大80万円(実費を限度、先進医療等の自費診療費を含みません)を補助します
プレスリリース

本臨床研究の目的

  1. 膵臓がんのうち約1/3は60代までの比較的若い方が罹患しているため、膵臓がんの発症リスクが高い方(臨床研究対象者)に対し、膵臓がんに向かう途上で見られることの多い画像所見※が存在するのか?
    を明らかにすることを目的としています。

臨床研究詳細

  1. 研究内容: 上腹部MRI検査(膵臓ドック(膵臓がんドック) 膵臓がん、肝臓がん、胆のう・胆管がんドックと同じ検査内容)
    検査結果: MRI検査実施後、膵臓(すい臓)外来にて結果説明を実施
    研究結果: 受診者に共有します。
    研究期間: 設定人数に達し次第、終了します。
    対象者 : 上記1の要件に該当する方

膵臓がんの発症リスク 遺伝=膵臓がん等の家族歴について

  1. ご家族が以下のがん等に罹患した方を「膵臓がん等の家族歴のある方」と定義しています。
    1. 膵臓がん
    2. 乳がん・卵巣がん
    より具体的にはBRCA2の遺伝(不明の方は乳がんまたは卵巣がんだけ可)
    3. メラノーマ(皮膚がん)
    より具体的にはP16の遺伝(不明の方は皮膚がんだけで可)
    4. 膵炎
    より具体的には遺伝性膵炎(Familial Pancreatitis)の遺伝(不明の方は膵炎だけで可)
    5. 胃がん、小腸がん、結腸がん
    より具体的にはポイツ・ジェガース腺腫性症候群(Peutz-Jegher's Syndrome)遺伝(不明の場合には胃がん、小腸がん、結腸がんで可)
    1. 膵臓がん等の家族歴を重要視する意味

    2. 遺伝子は2つがセットで構成され、父親から1つ、母親から1つ受け継がれます。
      がんの家族歴が重視されるのは、2つセットの遺伝子のうち、生まれながらに1つが異常の状態で生まれてきた場合、もう1つの遺伝子が何らかの原因で変異をした場合に「がん」化に向けての変化が始まると考えられており、若年時にがんを発症する危険性が他の方より高い為です。
    3. 家族が「がん」の場合に遺伝子異常を持って生まれてくるか否か

    4. 親が先天的遺伝子異常を持っていた場合にその遺伝子異常が受け継がれる確率は1/2(50%)です。遺伝子は父親のものと母親のものを1つずつ受け継ぐため、仮に父親に遺伝子異常があった場合でも、当該遺伝子を母親から引き継げば遺伝子異常を引き継がれないからです。
      また、父親又は母親ががんに罹患している場合でも先天的な遺伝子異常を原因とする場合しか遺伝子を引き継がれることはありません。がんの発症の原因である遺伝子変異は生活習慣や年齢を重ねることによっても引き起こされます。親ががんになったというだけでは先天的な遺伝子異常が存在するか否かが明らかではありません。
      この遺伝子異常が引き継がれているか否か、遺伝子検査を実施すれば明らかになりますが、2022年時点で遺伝子検査はまだ気軽に受けることが出来るものではありません。
    5. 膵臓がん等の家族歴が有る方には、膵臓がんに向かう途上で確認されることの多い画像所見が存在するのか?を同じ年代対比で明らかにすることが本臨床研究の目的としています。

膵臓がんの発症リスク 生活習慣などの環境要因について

    1. 生活習慣などの環境要因を重視する意味

    2. 遺伝子は2つがセットで構成され、その両方が変異した際に「がん」化に向けての変化が始まると考えられています。
      この遺伝子変異を生じさせる要因、上記3の遺伝的要因の他、①加齢、②生活習慣などの環境要因の2つが存在します。
    3. ご家族に膵臓がん(すい臓がん)等の罹患者が要る場合、上記3の遺伝的要因の他に生活習慣などの環境要因が似てしまうことに注意が必要です。
        親が喫煙している→子供も喫煙者になる。
        親がアルコールを多飲する→子供もアルコールを多飲する。
        親の食事量が多い、間食が多い→子供の食事量が多い、間食が多い。
    4. こんな類似性が膵臓がんの危険度を高めてしまうのです。
    5. 生活習慣などの環境要因

    6. 以下の3つが生活習慣などの環境要因による膵臓がんの発症リスクです。
      1. 酒多飲…1日の平均の飲酒量が以下を超える方が当てはまります。
          ビール:900ml以上
          日本酒:1.7合
          ワイン:ワイングラス3杯
          ウイスキー:水割り又はソーダ割グラス1.8杯
      2. 肥満…以下のいずれかに該当する方が当てはまります。
          BMI値30以上 BMIは体重kg ÷ (身長m)²で計算します。例)身長165㎝、体重80Kgの場合、80÷1.65²=29.4
          内臓脂肪量100㎠以上
      3. 喫煙…以下のいずれかに該当する方が当てはまります。
          1日平均10本以上の喫煙を今現在している方
          長年に渡って1日平均10本以上の喫煙をしていた方
    7. 環境要因による発症リスクの高い方には、膵臓がんに向かう途上で確認されることの多い画像所見が存在するのか?を同じ年代対比で明らかにすることが本臨床研究の目的としています。

    8. 関連記事はこちら
      1. 4.膵臓がん(すい臓がん)の発症リスクの高い方
         check3:1日の平均飲酒量がビール:900ml、ワイン:グラス3杯 以上である。
         check5:BMI値や脂肪量が肥満の部類に入る。
         check4:喫煙をしているまたは過去に喫煙をしていた。
         check1:家族に膵臓がん(すい臓がん)等になった人が居る。

膵臓がんに向かう途上で確認されることの多い画像所見の測定方法について

  1. 膵臓がん(すい臓がん)は遺伝子変異が生じた後10年~15年後に発症するとされています。そして膵臓がん(すい臓がん)に向かう途上で確認されることの多い画像所見が見られることが多く、これらの所見は膵臓がん(すい臓がん)の発症が近づくと数が増えたり、悪化することがわかっています。
  2. 膵臓がんに向かう途上で確認されることの多い画像所見
    1. 3.膵臓がん(すい臓がん)の症状⇒膵臓がんに向かう途上で確認されることの多い画像所見
       ①膵嚢胞(IPMNを含む)
       ②膵管及び分枝膵管の拡張、狭窄、途絶
       ③膵の限局的萎縮、くびれ
       ④膵石灰化(慢性膵炎・膵石)

個人情報の取り扱いについて

    1. 個人情報の利用目的外についての利用

    2. 被験者からお預かりした個人情報につきましては、上記利用目的以外には、一切の利用を行いません。
    3. 個人情報の第三者への提供

    4. 当院は、被験者の個人情報を第三者に開示・提供することは致しません。

臨床研究補助付 膵臓ドック(膵臓がんドック) 膵臓がん、肝臓がん、胆のう・胆管がんドック申込フォーム

注意
1. 糖尿病、慢性膵炎(画像検査にて慢性膵炎疑いの結果が出た方を含みます)の方へ
  保険診療にて検査を受けることが可能です。
ご希望の方は膵臓外来の受診予約をお取りください。
2. 臨床研究への参加は1人1回のみです。
  1. [検査結果の説明]
    膵臓ドック(膵臓がんドック) 膵臓がん、肝臓がん、胆のう・胆管がんドックの結果説明は、結果説明外来(東京医科歯科大学病院、筑波大学附属病院の放射線科医師)にて無料で行います。
    (注)無料結果説明
    検査日から3か月以内に限らせていただいております。
    3か月を超えての結果説明は5,500円(税込)を申し受けます。予めご了承ください。

  2. AIC八重洲クリニック(東京) MAP
    実施曜日 診察時間 派遣元病院 所属・医師名
    毎週水・木曜日 13:30 - 17:30 東京医科歯科大学病院 放射線科 德橋 雅子 放射線科 杉崎 健一 放射線科 島田 雅之
    AIC画像検査センター(茨城)MAP  
    実施曜日 診察時間 派遣元病院 所属・医師名
    毎週木曜日 14:00 - 18:00 筑波大学附属病院 放射線科 平山 恵
  3. 結果説明外来で異常が見つかった場合
    結果説明外来で膵臓に疾患が判明した場合は、膵臓外来を保険診療にて受診いただけます。
    当院にて10大学病院を含む13総合病院の膵臓(すい臓)を専門とする内科医、外科医が外来(膵臓(すい臓)を専門とする膵臓外来)を設置しています。
  4. 当日検査・当日結果説明をご希望される方へ
    検査をした当日に結果説明を受けたい方は
    ●AIC八重洲クリニック(東京)の場合は水曜日と木曜日、
    ●AIC画像検査センター(茨城)の場合は木曜日の検査をおすすめします。
    申込時その他、に「当日結果説明希望」と記載してください。
    膵臓がんドックの結果説明は結果説明外来、放射線科医が対応します。

MRI検査の注意事項

  1. MRI検査の注意事項は、こちらをご確認ください。(新しいウィンドウで開きます)


項目
東京
AIC八重洲クリニック(東京都中央区)で受診
日時を選択 
第1希望

当日検査結果説明を希望する方は水曜日または木曜日の09-13を選択してください。
第2希望

当日検査結果説明を希望する方は水曜日または木曜日の09-13を選択してください。
第3希望

当日検査結果説明を希望する方は水曜日または木曜日の09-13を選択してください。
茨城
AIC画像検査センター(茨城県つくば市)で受診
日時を選択 
第1希望

当日検査結果説明を希望する方は木曜日の8:10-14:30を選択してください。
第2希望
当日検査結果説明を希望する方は木曜日の8:10-14:30を選択してください。
第3希望
当日検査結果説明を希望する方は木曜日の8:10-14:30を選択してください。

  





ご家族(二親等以内)の方が以下の病気にかかった方
膵臓がん/乳がん・卵巣がん/メラノーマ(皮膚がん)/膵炎/胃がん・小腸がん・結腸がん
当サイト監修
Seishi Sawano, MD, PhD
澤野 誠志 放射線診断専門医
AIC八重洲クリニック 理事長 院長 / 
AIC画像検査センター 理事長
運営医療機関、当サイトについて
臨床研究補助付で
膵臓ドックを申し込む
膵臓がんを早期発見するための取組み
膵臓がんを早期発見するための取組み