膵臓がん 画像上の危険因子に関するQ&A/ IPMNについて Q03
Q

膵嚢胞(IPMNを含む)、主膵管拡張、膵限局性萎縮などの経過観察は、どの程度の期間で行えば良いですか?

A
膵臓がんは一般的に上皮内がん(ステージ0の膵臓がん)が生じてから約2年で転移すると言われています(膵臓がんになると進行が早い)。
一方、上皮内がん(ステージ0の膵臓がん)は遺伝子変異から10年~15年掛けて生じると考えられています(膵臓がんが生じるまでは進行が遅い)。
問題は膵嚢胞(IPMNを含む)、主膵管拡張、膵限局性萎縮などの遺伝子変異があったことを表す画像所見が、いつ生じたのかがわからないことです。そこで、当院では遺伝子変異を示す画像所見の程度により、半年~2年の間で経過観察すべき期間を決めています。

解説01

膵臓がんがどのようなスピードで進行するのか。

この質問に対する回答として、膵臓がんがどのようなスピードで進行していくのかという点についてまとめてみました。

膵臓がんは一般的に悪性度が高いとされており、がんの進行速度が早いといわれます。しかし、どのような日数でどの程度進行するかということを研究した論文は非常に少なく、正確な進行速度はわかっていません。

以下の膵臓がんの経過は、当院ではない、ある病院で行われた腎臓がんフォローアップ症例です。検査の主目的が腎臓がんであったために、並列で発症していた膵臓がんが一定期間見逃されていました。膵臓がんの進行速度を示す、大変貴重なデータとなりましたので、この症例からわかることを以下にまとめました。

0地点のサイズ8mmで見つけられなかった場合でも、6ヵ月後であればステージ1(20mm以下)、12ヵ月後でもステージ1~2の間であることがわかります(※リンパ節への転移が無い場合)。

結論01

がんが小さい段階では1年後の発見でも手遅れにならない可能性が高い。

8mmの膵臓がんが見逃された場合でも、12ヵ月の経過観察で見逃さなければステージ1~2で見つけられる可能性が高く、この段階で見つけることが出来れば手術を行うことが可能な場合が多いと考えられます。

結論02

がんが小さくて見えない段階でも、画像上の危険因子は危険信号を出しています。その場合は半年後の経過観察が望ましい。

8mmの膵臓がんが見逃された場合においては、膵臓がんの画像上の危険因子が危険であることを知らせている場合が多く、この段階で経過観察期間を6ヵ月に変更していれば、更に小さい段階で見つけることが出来ることになります。

8mmの膵臓がんは、画像上の危険因子を複数設定し丁寧に画像診断を行えば、検出できる可能性は高い

当院では、この8mmの段階で膵臓がんを見つけることが出来るように、画像上の危険因子を通常の病院よりも多く設定し、その危険因子を単独かつ複合的に拾い上げて、適した経過観察期間を設定の上、フォローアップ検査を継続していきます。その危険因子が見られる場所(及び近隣)に膵臓がんが発症しそうな場合には、見逃しやすい膵臓がんの画像を造影遅延相における濃染、DWI画像などで検出しています。

当院は膵臓がんの早期診断体制を構築しています。膵臓がんの危険因子膵臓がんの画像上の危険因子が有る方等、定期的な経過観察が必要な方は、当院での経過観察をご検討ください。

膵臓がん 画像上の危険因子に関するQ&Aに戻る

  1. 膵臓がん 症状/原因/検査 >
  2. 膵臓がん 画像上の危険因子に関するQ&A >
  3. 膵嚢胞(IPMNを含む)、主膵管拡張、膵限局性萎縮などの経過観察は、どの程度の期間で行えば良いですか?
当サイト監修
Seishi Sawano, MD, PhD
澤野 誠志 放射線診断専門医
AIC八重洲クリニック 理事長 院長 / 
AIC画像検査センター 理事長
運営医療機関、当サイトについて