画像診断とは

 | AIC八重洲クリニックは画像診断の品質日本一を目指して画像検査・診断を行っています。
AIC八重洲クリニック > 検査を希望される方へ> 画像診断とは
検査を希望される方へ

画像診断とは

画像診断、MRI・CT・エコー検査ついてのご説明です。

画像診断とは、体の外から診るだけでは分からない体内の様子や病気(腫瘍、梗塞、動脈瘤等)を画像にして、異常がないかどうかを診断する医療技術のことで、当クリニックでは体内の画像を得る装置として以下を使用しています。

MRI検査 CT検査 超音波検査(エコー)

上記の検査は、それぞれに得意とする部位や不得意とする部位等があり、症状や疑われる疾患に適した検査機器を用い検査を行います。
これらの検査機器で撮影された画像を、専門の医師が読影し、癌などの病気を身体を傷つけずに早期に発見することができます。

読影とは

MRI検査やCT検査、超音波検査(エコー検査)などの画像を丹念に観察し所見を読み、その上で診断することを言い、読影をされる医師のことを読影医と呼びます。

読影は整形外科や内科の専門医などの、各診療科の専門医が読影されることもありますが、多くの場合、画像診断の専門医である、放射線科専門医が読影します。

放射線専門医とは

日本医学放射線学会が指定した施設で5年間以上の修練を積み、試験に合格した医師のことで、X線レントゲンやCT検査、MRI検査、超音波検査(エコー)といった様々な検査の特徴を理解し、画像診断法の中から、症状や疑われる疾患に適した検査方法を選択します。また撮影された検査画像を専門家の眼で読影します。

検査を検討されている方へ

当クリニックは、かかりつけの先生(主治医)の検査依頼に基づいて検査を実施しております。
詳しくは、 検査を検討されている方へ をご覧ください。